ベンチャー企業のタイプと転職、新卒に向いている企業とは?

一昔前は、ベンチャー企業への就職や転職と言うと博打要素の強い決定だと非難されてきました。
しかし、近年では大手企業の安定性が揺らぐケースが相次いでいるので、ベンチャー企業への就職や転職への抵抗が少なくなってきています、では、そもそもベンチャー企業とはどのような企業なのでしょうか?
このように定義されています。
新技術や高度な知識を軸に、大企業では実施しにくい創造的・革新的な経営を展開する中小企業です。
簡単に言うとIT業界の中小企業と定義できます。
しかし、一言にベンチャー企業と言っても幾つかのタイプに分けられます。
1つ目は、スタートアップ・アーリーステージの企業です。
これは、創業間もない、もしくは従業員10名以下の最も小規模の会社で、売上1億円以下から3億円ほどの企業です。
2つ目は、軌道に乗り始めた段階の企業です。
分かりやすく言えば、従業員数が10〜30名、売上2〜5億円ほどの企業です。
3つ目は、上場予備軍・成長企業です。
従業員数が30〜100名、売上5〜30億円ほどが基準になります。
4つ目は、上場企業と同規模の売り上げをあげている企業です。
従業員数400名以上、売上50〜2000億円ほどにも達する規模の会社です。
もし、あなたがスキルのある転職組であれば、2つ目以降の軌道に乗り始めた企業以上を選ぶのが良いでしょう。
更なる成長を求めて人材獲得を積極的に行っているために求人を多く出していますし、社内での重要ポジションを将来的に狙うチャンスもあります。
反対にあなたが、新卒であれば間違いなく上場企業と同規模の売り上げの企業に入社するのがおすすめです。
ベンチャーとはいえ経営基盤が整い、社員育成制度も整っている可能性が高いからです。
大手企業に比べると若い内から昇格するチャンスもたくさんあります。
ベンチャー企業と大手企業の良いとこどりが出来るでしょう。
新卒で1つ目のスタートアップ・アーリーステージの会社に就職することは博打に近いと言えます。
会社が軌道に乗って成長すれば、創業メンバーとしてのポストや報酬は期待できます。
しかし、そのためにはたたき上げのスキルと熾烈な労働が必要です。
仕事や社会人としての基礎が身についていない新卒での入社は避けたほうが良いでしょう。